“えうげふち”の漢字の書き方と例文
語句割合
窯業地100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ロングフェロオが「ケラモス」と題したる詩のうちに、世界の窯業地えうげふちとしてその名をかずまへ、うるはしき詞もて形容せる数行の句はいささか現今の衰勢を慰むるに足りなむか。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)