“あんぱん”の漢字の書き方と例文
語句割合
饀麺麭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源助さんが居ない時には、ノロ勘が銭函から銅貨を盗み出して、子供等に饀麺麭あんぱんを振舞ふ事もあつた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)