“あくあら”の漢字の書き方と例文
語句割合
灰洗100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それで解つた——。濟みませんが旦那、私が行つては、友次郎兄哥の手柄にケチを付けるやうで惡う御座いますから、誰か人をやつて、その女を風呂で洗ひ出して見て下さいませんか、囚人めしうど風呂で構やしません、灰洗あくあらひにする積りやゴシゴシやつて頂きたいんで」