行乞記ぎょうこつき10 仙崎10 せんざき
八月八日 五時半出立、はつらつとして歩いてゐたら、犬がとびだしてきて吠えたてた、あまりしつこいので拄杖で一撃をくれてやつた、吠える犬はほんとうに臆病だつた。 水声、蝉声、山色こまやかなり、大田へはいつ …
題名が同じ作品
行乞記:01 (一) (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:02 三八九日記 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:03 (二) (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:04 (三) (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:05 室積行乞 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:06 北九州行乞 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:07 伊佐行乞 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:08 大田 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:09 山口 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:11 大田から下関 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
行乞記:12 広島・尾道 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)