“茉莉花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつりくわ62.5%
まつりか37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おかみさん、どうぞ、その花をお呉んなさい、その一つで三つの花、薔薇と鈴振花すゞふりばな茉莉花まつりくわの三つの香がするかほりの高い意地惡さうな花をさ。
わるい花 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
日の光、茉莉花まつりくわにほひ、黄色い絹のキモノ、Fleurs du Mal, それからお前の手ざはり。……
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
きみがまなこは青蓮せいれんに、きみが皓歯は茉莉花まつりくわに、かんばせ、はすの香に匂ふ。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
茉莉花まつりくわよる一室ひとまのかげに
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
房にも群るゝ蔦の花、色青白の茉莉花まつりくわや、
リシダス (旧字旧仮名) / ジョン・ミルトン(著)
だんだんその事情を取調べると、閩中には茉莉花まつりかを飲めば仮死するという伝説がある。
老人は苦しそうに笑い笑い、茉莉花まつりかにおいのするハンカチイフを出した。
不思議な島 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
のきには尾垂おだれと竹の雨樋が取付けてあり、広い庭に巴旦杏はたんきょうやジャボン、仏手柑ぶしゅかんなどの異木が植えられ、袖垣そでがきの傍には茉莉花まつりか薔薇花いけのはななどが見事な花を咲かせている。