“手練手管”の読み方と例文
読み方割合
てれんてくだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お松さんにお竹さん、椎葺しひたけさんに干瓢かんぺうさんと…………手練手管てれんてくだ」が何ごとか知らぬその日の赤頭巾、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
まるで商売人の様な巧みな嬌態きょうたいで、手練手管てれんてくだで、その場その場をごまかすばかりです。
白昼夢 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ほかは一切お断りのていで、旦那旦那と彼一人へ手練手管てれんてくだをつくしにかかったものだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
世間の女はいろいろな手練手管てれんてくだを使って男を籠絡ろうらくするということは聞いている。
こうして危い江戸をも見捨て得ずに今日こんな苦労を重ねているのも、もとはといえばみんなだれゆえ左膳ゆえのことだから、うば桜のお藤、手練手管てれんてくだのかぎりをつくして、ひたすら左膳の意を迎え
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
おいらんの手練手管てれんてくだと一笑に付しては可哀そうだ。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
そこに手練手管てれんてくだとかいうものが出来るのでしょう。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
いかに手練手管てれんてくだを弄されても
一の酉 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)