“市松模様”の読み方と例文
読み方割合
いちまつもよう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは黒と白と市松模様いちまつもよう倭衣しずりを着た、容貌ようぼうの醜い一人の若者が、太い白檀木しらまゆみの弓を握って、時々切って放すとがり矢であった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
情婦ジェニーが市松模様いちまつもようのガラス窓にもたれて歌うところがちょっと、マチスの絵を見るような感じである。
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
紋綾織もんあやおりの一種で、よく市松模様いちまつもようなどを見かけます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)