“ネクタイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
襟飾95.8%
結襟4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ルーズベルト型ダブルカラに土耳古更紗トルコさらさ襟飾ネクタイ、黒地のタキシード服と、青灰色の舶来地外套、カンガルー皮入のエナメル靴を穿いて、茶色のキッドの手袋に
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかもその風呂敷に似た襟飾ネクタイが時々胴着チョッキの胸から抜け出して風にひらひらするのを見受けた事があった。
その前に、シムソンは逃げる時、襟飾ネクタイを落して逃げましたが、ストレーカは何か考えがあってそれを拾っておきました。
しかし、法水に固唾かたずを呑ませたものは、この装置ではなく、安手の襟飾ネクタイを継ぎ合せて貼ってある、台の底だった。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
私は逢わない先から、フロールの笑顔が眼先にちらついて、母が襟飾ネクタイを結んだり頭髪かみいてくれるのさえも待ち切れずに、戸外へ飛び出して行く。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
宗近君は日本をえらくするとも、しないとも云わなかった。ふと手をのばすと更紗さらさ結襟ネクタイ白襟カラ真中まんなかまで浮き出して結目むすびめは横にねじれている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)