“がちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鵞鳥76.7%
鵝鳥8.3%
6.7%
画帖3.3%
画帳1.7%
蛾蝶1.7%
1.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
マリーナ なんでもありませんよ、おじょっちゃん。鵞鳥がちょうがガアガア言っただけ、——すぐやみますよ。……ガアガア言っただけ——すぐやみますよ。……
彼は四五秒の間突っ伏したまま、身じろぎもしなかったが、次の瞬間には、地の底で鵞鳥がちょうが縮め殺されるような泣き声を立てた。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「さあ、さあ、あちらには鵞鳥がちょう焼肉羮サルミとモカのクレエム。小豚に花玉菜、林檎りんご砂糖煮マルメラアド。それから、いろいろ……」
屋根で、鵝鳥がちょうが鳴いた事さえあると聞く。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「悪い友達?」「ええあの表通りの教師のとこにいる薄ぎたない雄猫おねこでございますよ」「教師と云うのは、あの毎朝無作法な声を出す人かえ」「ええ顔を洗うたんびに鵝鳥がちょうめ殺されるような声を出す人でござんす」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
袋のなかにはたくさんの鵝鳥がちょうや鴨の鳴き声がきこえた。
許宣は夜になって姐の許へ帰って、結婚の相談をしようと思ったが、人生の一大事のことをせけんばなしのようにして話したくないので、その晩は何も言わずに寝て、翌朝起きるなりそれまで貯えてあった僅な銭を持って市場へ往き、雞の肉やがちょうの肉、魚
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
画帖がちょうの画も、狸が亀を押しころがしてジッと前足で押さえて居たり、蛇がはばたく雀をわんぐりとくわえて居たり、大きな猫が寝そべりながらすごい眼をしてまだ眼の明かぬ子鼠の群をにらんで居たり、要するに熬々した頭の状態が紙の一枚毎にまざ/\と出て居た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
自然しぜん風景ふうけいうつすほかは、画帳がちょうことごとく、裸婦らふぞうたされているというかわようだった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
昆虫の生態は、幼虫時代と、蛹虫ようちゅう時代と、蛾蝶がちょう時代の三期に分れる。
老年と人生 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
小屋から出たがちょうが、があがあ鳴きながら、河ふちへ這って行く。
パルチザン・ウォルコフ (新字新仮名) / 黒島伝治(著)