“羅陵”の読み方と例文
読み方割合
らりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その兵をもって甲府を抑え、飛騨を取らんと申し入れて、さしもの豪傑連に舌を捲かせた上に、羅陵を舞って悠々と引上げたことを——その前後に、武蔵、相模の山中に、異様な物鳴りがあって
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)