“小露:こつゆ” の例文
“小露:こつゆ”を含む作品の著者(上位)作品数
江見水蔭1
“小露:こつゆ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
五兵衛太ごへえたの娘の小露こつゆの行方も知れぬ」村一番の美しい娘、それの行方も知れずなったのであった。
壁の眼の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)