“右台仙館筆記:うたいせんくわんひつき” の例文
“右台仙館筆記:うたいせんくわんひつき”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“右台仙館筆記:うたいせんくわんひつき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕はこの頃漫然と兪樾ゆゑつの「右台仙館筆記うたいせんくわんひつき」を読んでゐるうちにかう云ふ俗伝は支那人の中にもあつたと云ふことを発見した。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)