“ジェット”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
噴孔50.0%
噴流50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへまた水素の噴孔ジェットを持って行くと、勿論火が点くのであった。
球皮事件 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
しかしこの場合のように機体が動揺して揉まれている時には、水素の流出する機会も多く、無電を打った時の火花がその漏洩した水素の噴孔ジェットに点火する機会も多くなるという風に説明すれば、なるほど前後の事情がよく了解出来るのである。
球皮事件 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
それでこの研究は、水素の細い噴流ジェットを作り、どれだけの小ささの火花で、これに点火するかを、実験的に決めることが、第一歩である。