“グレーいろ”の漢字の書き方と例文
語句割合
灰鼠色100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊にこの朝、灰鼠色グレーいろの天地の中に、ポカリと浮いた木々の紅葉は、植物というよりも何か動物の臓腑を見ているようで気味が悪かった。
可愛い山 (新字新仮名) / 石川欣一(著)