“もんまだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
文間台100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう文間台もんまだいの立木の森が、近くに見える頃、気が着くと、自分の後から、一人の娘が附いて来るので有った。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
PR