“ないおんのみち”の漢字の書き方と例文
語句割合
泥洹之道100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時代寛永頃にできた『泥洹之道ないおんのみち』という本には、エタも、非人も、そのほかのいろいろの賤職に従事するものも、みな通じてサンカ者という仲間に入れてあります。