“せんすいべり”の漢字の書き方と例文
語句割合
泉水縁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かねて勝手を知っている事ゆえ、だん/\と庭伝いに参り、泉水縁せんすいべりに赤松の生えてある処から生垣いけがきに附いて廻れば