“じゅわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
受話100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木村さんは、その電話を聞くと、顔色をかえて、ガチャンと受話じゅわきをかけ、あわてて、よびりんをおすのでした。
ふしぎな人 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)