“くろじし”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒獅子100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなのはつまらない。上方には黒獅子くろじしという強い大関がいるそうです。なんとかしてその黒獅子を土俵の砂に埋めて、——」
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)