“きょじゅめいしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
鉅儒名匠100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加賀守綱紀はそのころ天下の名宰相といわれ、文治武治ともにすぐれた治績をあげたが、なかにも学芸には最もちからを注ぎ、名ある鉅儒名匠を招いておおいに藩風を振興した。
日本婦道記:梅咲きぬ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)