“きやうづくゑがた”の漢字の書き方と例文
語句割合
經机型100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、窓際に置いてあつた、經机型の小卓を、部屋の眞ん中に引寄せて、その膳を据ゑると、緊張し切つた手付きで、その上の白い布を取ります。