“きやうしんがいはく”の漢字の書き方と例文
語句割合
驚心駭魄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
而して今や然らず。わが天地の神は、白日魄々驚心駭魄の事実として直下当面に現前しぬ。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)