“おおかっせん”の漢字の書き方と例文
語句割合
大合戦100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
スルト陸の方からこの様子を見ていよ/\発砲し始めて、陸から発砲すれば海からも発砲して、ドン/″\大合戦おおかっせんになった、と云うのが丁度文久三年五月下旬、何でも二十八、九日頃である。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)