真理を求めてしんりをもとめて――平和祭に寄す――へいわさいによす
ロマン・ロランは第一次大戦にあたって彼の「戦いを超えて」の中で次のようにいっている。 「真理を求めようとはしないで、それを所有していると称するものと議論することは不可能である。ドイツが日の光りに対して …