真夏日の散歩まなつびのさんぽ
その男は顔が仮面のやうになってしまって、毀れものを運ぶやうにおづおづと身体を動かしてゐた。八月の熱と光が街を包んで到る処の空間が軽い脳貧血を呈してゐた。 鋏の柄に着いてゐる米粒ほどの透明な石を、明るい …