“葉茎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はぐき50.0%
ようけい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もと/\加茂の二葉葵には長い葉茎はぐきがくつ附いてゐるのだが、清康はそんな物は無益やくざだといつて摘み切つてしまつた。
同じ「どこどこ続いだ」の遊戯も、土地によって土筆即ち花茎かけいもって行うところもあれば、また杉菜すぎな即ち葉茎ようけいを以てするところもあった。