“無事息災”の読み方と例文
読み方割合
ぶじそくさい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今宵の乱闘にまたもや敗けをとりながら、こうしてそれでも歩は一歩と江戸へ近づく相馬中村の剣群月輪の勢、路傍の小祠しょうしにいこって頭数を検するに、こいつだけは無事息災ぶじそくさい、まっさきに逃げ出して来たつづみの与吉のほかに
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)