“泰山北斗”の読み方と例文
読み方割合
たいざんほくと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、稲葉山は落ちた。美濃の泰山北斗たいざんほくとといわれた城は落ちた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)