“拓落失路”の読み方と例文
読み方割合
たくらくしつろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文三は拓落失路たくらくしつろの人、仲々もって観菊などというそらは無い。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
意気相投じた達雄は、最早拓落失路たくらくしつろの人と成った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)