“噛合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみあ90.9%
かみあひ9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
突当りにきば噛合かみあうごとき、小さな黒塀の忍びがえしの下に、どぶから這上はいあがったうじの、醜い汚い筋をぶるぶると震わせながら
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは、兵部の娘の声であります。この女性の声が乱闘の中へ流れ込んだものですから、それで獣の噛合かみあいのような渦巻がいくぶん緩和されたものでありました。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
やがて気がついてみると、二機は互に相手の胴中を噛合かみあったような形になり、引裂かれた黄色い機翼をからませあい、白煙をあげ海面目懸けて墜落してゆくのが見えた。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
三十七しゆ齒輪車しりんしやたがひ噛合かみあひ、吸鍔桿ピストン曲肱クンク
庄「なゝゝなんだ、あアあのなんだ、こゝ駒込の富士めえの方から帰って来たら、青物市場のとこを通ると、犬が五六匹来やがって足へからまって投げられた、其の時噛合かみあった血だらけの犬が来やがって、己に摺附けたもんだから」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
気短きみじかな馬はとうと噛合かみあひを始めた。