“吉凶禍福”の読み方と例文
読み方割合
きっきょうかふく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてのことに、わっとひときわ高く、諸人のどよめきがあがったのは、いよいよ吉凶禍福きっきょうかふくにつけ、司馬道場の名物の撒銭まきぜにがはじまったのである。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
伊勢の御師などは最初から、札配りがいわば表の任務で、祈祷はただ取次をするのみだったのに反して、鹿島の御師は事触の名の示すごとく、もとはこの二つのほかに、なお路頭の託宣を公認せられていて、到る処辻々つじつじの群衆に対して、次の年の吉凶禍福きっきょうかふくを、神の言葉として触れあるいたようである。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
もし世間が元日に対する僻見へきけんを撤回して、吉凶禍福きっきょうかふく共にこもごも起り得べき、平凡かつ乱雑なる一日と見做みなしてれる様になったら、余もまた余所行よそゆきの色気を抜いて平常の心に立ち返る事が出来るから、たとい書く事に酔払いの調子が失せないにしても、もっと楽に片付けられるだろうと思う。
元日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)