“九鼎大呂”の読み方と例文
読み方割合
きゅうていたいりょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たちまち珍奇としてめで迎えられたのみか、次第に新たなる魅力を発散して、人をして身命を傾けしめ、いわゆる九鼎大呂きゅうていたいりょにもえ難しと
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
概してこれをいえば、文明開化の名を実にし、わが日本国をして九鼎大呂きゅうていたいりょより重からしめんには、この子女に依頼せずして他に求むべきの道あらざるなり。
京都学校の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)