“すてびと”の漢字の書き方と例文
語句割合
捨人100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
塀もしくは垣というと何だかその家に囲いなどがあって相当な構えのうちらしく捨人すてびとの庵という心持がしない、軒端まで打って行ったというのでいかにもあらわな規模の小さいその庵の様が思いやられます。
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)