“きよみがは”の漢字の書き方と例文
語句割合
清美川100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又最近の話であるが、幕下十両の好力士清美川が、たしか同格の峰幟と立合つた時のやうに思ふ——非常に両力士は奮闘した。これは動きすぎる位動いて、危い所を残し合つたりして水が入つた。
呑み込み八百長 (新字旧仮名) / 栗島山之助(著)