“きよごうごう”の漢字の書き方と例文
語句割合
毀誉囂々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浪華雀の噂はひとときはかまびすしく毀誉囂々となったけれども、じつは彼女とは深間に入らないで死の前後まで何となく交わっていただけだった。
わが寄席青春録 (新字新仮名) / 正岡容(著)