“きょぎざんこく”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚偽残酷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが生活の虚偽残酷にあきれてしまった。近隣親族の徒が、この美しい寝顔の前で埋葬を議することを、痛く不快に感じた。
奈々子 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)