“いりあい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
入相84.4%
入会6.3%
入合6.3%
晩鐘3.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでははじめから、そうしてあげるのだったんですが、手はなし、こうやって小児こどもに世話が焼けますのに、入相いりあいせわしいもんですから。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
村里の境界は今日はすべて地図の上にあらわされているが、以前は原野山林には双方の入会いりあいが多く、問題となるのは田畠の連接し、道路交通の開かれた方面であって
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「詩人? そうサ、僕はその頃は詩人サ、『山々かす入合いりあいの』ていうグレーのチャルチャードの飜訳ほんやくを愛読して自分で作ってみたものだアね、今日こんにちの新体詩人から見ると僕は先輩だアね」
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
麓の方で晩鐘いりあいが鳴り出した。其鐘のうながさるゝかの如く、からす唖〻〻あああと鳴いて、山の暮から野の黄昏たそがれへと飛んで行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)