“附立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ついた50.0%
ついたて50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どこも鼻のつかえるようなせせっこましさで少し小綺麗こぎれいうちはまた、前の植込みや鉢前燈籠はちまえどうろうのような附立ついたてが、どことなく厭味いやみに出来ているのが鼻についたものだが
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
きんいろの背後うしろ附立ついたてが、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)