“大河内”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおこうち80.0%
オオコウチ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山の主任が立上って、内務省から派遣された大河内おおこうち参事官を紹介し、何か不平でも希望でもあらば申立てる様仰せられたから、其旨申伝えると述べて着席する。
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
大河内おおこうち子爵の先代や下岡蓮杖しもおかれんじょう仮名垣魯文かながきろぶんはその頃の重なる常連であった。
最近に現われた大河内おおこうち博士の「陶片とうへん」とか、それからこれはまだ一部しか見ていないが入沢いりさわ医学博士の近刊随筆集など、いずれも科学者でなければ書けなくて
科学と文学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
も一つは、善光寺坂の上で、大河内おおこうちの邸の上、一方がやぶであった。
大河内オオコウチ 「ウーコッ」川の合流。(この名は諸国に多い。)
土佐の地名 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)