“つばめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.3%
乙鳥2.1%
燕女0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へへえ、電気とやらいうもんはあかりがともるもんかと思ったら、これはまるで綱じゃねえか。雀やつばめのええ休み場というもんよ」
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
みながそれをると、子安貝こやすがひではなくてつばめ古糞ふるくそでありました。中納言ちゆうなごんはそれきりこしたず、氣病きやみもくははつてんでしまひました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
續いて肩を踏んで、權之助が頭上高く揚げた兩手の上に、燃えるやうな肩衣を着けた燕女つばめの、小柄な姿がフンハリと立つたのです。
「へエ、諸國の集まり者でございますよ。私は武州川越で、權八は三河の國の才造くづれ、燕女つばめは泉州さかひだと聽いてをりますが」
一つは石崎家、一つは和泉屋、それからもう一つは玉川燕女つばめが持つてゐたよ。三つのうち一つが眞物ほんもので、あとの二つは僞物だ。