“金物商”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かなものしょう66.7%
かなものや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大鳥居から、狛犬こまいぬの石像にかけて、「若松金物商かなものしょう組合」という、紺の幕が張りめぐらしてある。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
その娘が金物商かなものしょう中山家へ縁附きました。
孝「へい只今まで方々奉公も致しました、ず一番先に四谷よツや金物商かなものやへ参りましたが一年程居りまして駈出かけだしました、それから新橋しんばし鍜冶屋かじやへ参り、三つき程過ぎて駈出し、又仲通なかどおりの絵草紙屋えぞうしやへ参りましたが、十で駈出しました」