“わだかまり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
85.7%
屏擋14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両国の方からこの根もとまで、堤の端を歩くようにして、人の足跡が大股に、一筋ついておりましょうがな。これは大急ぎで走って来たからでござる。堤の真ん中を歩かずに、端ばかり選んで歩いたというのは、心にわだかまりがあったからで、他人に見られるのを恐れる人は、きまってこういう態度をります。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あゝ、種族の相違といふ屏擋わだかまりの前には、いかなる熱い涙も、いかなる至情の言葉も、いかなる鉄槌てつつゐのやうな猛烈な思想も、それを動かす力は無いのであらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)