“うんざり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淹悶50.0%
顰蹙50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日一日のこがらしで、急に枯々な木立も目につき、こずゑも坊主になり、何となく野山の景色が寂しく冬らしくなつた。長い、長い、考へても淹悶うんざりするやうな信州の冬が、到頭たうとうやつて来た。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
しかし、およそ学科に面白いというものは一つも無かった。の学科も何の学科も、みんな味も卒気もない顰蹙うんざりする物ばかりだったが、就中なかんずく私の最も閉口したのは数学であった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)