“セックス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.0%
12.5%
異性12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らはその時二人いっしょに医者の門を出て、晩飯を食いながら、セックスラヴという問題についてむずかしい議論をした。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
以前はよく『まあ、話にはできるがね。とても、活字には出来ないな』といった類のセックスの問題が、近来はまったく逆である。
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ぼくは内田さんのセックス圧倒あっとうされて居たたまれない気持で、早々にノオトを渡し、とびらを開けて出るのとほとんど同時でした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
「いいえ。あれを見るとほとんど異性セックスの感がない。女もあれほどに飾ると、飾りまけがして人間の分子が少なくなる」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)