“まんこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
万戸66.7%
万乎33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、人心地もない都の万戸まんこは、六月の夜を、いちばい、不安にされながら、音なき音に、夜すがら、きき耳を疲らせていた。
万戸まんこの庶民は、とうに家をすてて山野へ疎開していたのである。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すもも盛る見世みせのほこりの暑かな 万乎まんこ
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
泥足やえんにさげたる桜がり 万乎まんこ
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)