木と鳥になった姉妹きととりになったきょうだい

著者:小川未明




 あるところに、ひとのよいおばあさんがんでいました。このおばあさんはいろいろなはなしっていました。おそろしいようなはなしも、不思議ふしぎはなしも、またおかしいようなはなしなどもっていました。このはなしは、やはりそのおばあさんがかせてくれたのであります。
 むかしむかし、あるところに、なかのいいあねいもうととがありました。あねはよくいもうとをかわいがり、いもうとはまたよくあねしたいました。
 あねは、気質きだてのきわめてやさしい人柄ひとがらでありまして、すぐになみだぐむというほうでありましたけれど、あまりかおうつくしくありませんでした。いもうとのほうは、やはり、やさしいにはやさしかったけれど、あねにくらべると、快活かいかつなほうでありました。そして、すずったようにうつくしく、くちびるいろはとこなつのはなのようにあかく、かみくろながかたれて、まれにるようなうつくしさでありました。
 二人ふたりは、だんだんとしをとるにつれて、河辺かわべあるいているときも、みずうつった自分じぶん姿すがたをとめてながめるようになりました。
 あるのこと、二人ふたりは、小川おがわにそうて散歩さんぽをしていました。かわほとりには、しろはなや、桃色ももいろはないていました。そのとき、あねみずうつった自分じぶん姿すがたをながめて、かおあかくしながら、
「なんというおまえは、うつくしくこのまれておいでだろう。それにひきかえて、わたしは、なんというみにく姿すがたで、まれてきたでしょう。わたしは、だれをもうらみません。これもきっと、このまえで、おまえはよいことをたくさんなさったので、それでかみさまが、そんなうつくしい姿すがたにしてくだされたのです。わたしは、おぼえのあろうはずがないけれど、なにかつみおかしたので、それでかみさまは、このへこんなにみにくまれさせられたのです。」と、あねはいいました。
 これをくと、いもうとは、をみはってびっくりして、
ねえさん、なにをおいいなさるのですか。人間にんげんは、かおや、かたちよりも、たましい大事だいじなのです。たましいうつくしいほうが、どれほど、とうといかわかりません。ねえさんのように、やさしいしんせつな、親孝行おやこうこうひとがたくさんありましょうか。あなたのおこころは、あのそらほしよりも、きれいでかがやかしくあります。いま、ねえさんのおっしゃったように、また人間にんげんが、今度こんどまれてくるものなら、ねえさんは、この世界せかいじゅうでなにものよりも、うつくしく、めぐみふかく、またみんなからあいせられ、したわれるものになられるでありましょう。」と、いもうとはいいました。
 すると、あねは、この言葉ことばいているうちに、いつしかなみだぐんでしまいました。
「いえいえ、もうおたがいに、今度こんどのことなどはいいますまい。ただ、わたしはいつまでもおまえとなかよく、こうしてらしたいとおもうのですけれど、それがかなわないようながしてかなしいのです。あのはなよりもうつくしい、あのこちょうよりもきれいなおまえが、どうしていつまでもこんなさびしいところにんではいなかろうとおもうのです。それをかんがえると、わたしむねはふさがって、いっぱいになります。」と、あねはいいました。
ねえさん、わたしが、あなたやおとうさんをてて、どこへかゆくといわれるのですか。わたしは、一しょうとうさんや、あなたのそばでらします。そして、また、今度こんどにも、おしたわしいねえさんのいもうととなって、かならずまれてまいります。」と、いもうといてあねにすがりました。二人ふたりは、たがいにって、しばらく無言むごんでありました。
 ふとしたことから、姉妹きょうだい父親ちちおやわずらいました。はじめのうちは、じきになおるだろうとおもっていましたが、だんだんわるくなって、一通ひととおりでない不自由ふじゆうをするようになりました。
 ことに孝行こうこうあねは、ひるとなく、よるとなく看病かんびょうをして、どうかして父親ちちおやがなおらないものかとこころいためました。あねつかれたときは、いもうとがかわって看病かんびょうをいたしました。けれど、悪性あくせい眼病がんびょうとみえて、なかなかなおりそうにもおもわれませんでした。
「おまえは、うちにいて、よくおとうさんの看病かんびょうをしていてください。わたしは、くすりをさがしてきますから。」と、あねはいいのこして、たかやまのぼったり、ふかたにくだったりして、眼薬めぐすりになるくさや、岩間いわまからしたた清水しみずってきて、いろいろと看病かんびょうをいたしました。けれど、それらのくすりちからでもはなおりませんでした。
「ああ、わたしたちのちからでは、とてもおとうさんの眼病がんびょうをなおすことができない。どうしたらいいだろう。どうか、かみさま、わたしたちのいのちえてもよろしゅうございますから、ちちをもとのようになおしてください。」と、二人ふたりかみさまにいのっていました。
 すると、あるのこと、見慣みなれないおとこ旅人たびびと門口かどぐちって、みちきました。そのときおとこは、二人ふたり父親ちちおや看病かんびょうをしているのをながめて、
「ああ、そのはなおりっこのない悪性あくせい眼病がんびょうだ。おまえさんたちが、いくら看病かんびょうをしてあげても無効むこうでしょう。」といいました。
 あねいもうとは、びっくりして、そのおとこかお見上みあげました。そのおとこはおちついて、
「なにもうたがいなさるな。わたしは、のことをよくっているのです。」といいました。
「そんなら、どうか、あなたのおちからちちをなおしてくださることはできませんか。」と、二人ふたりうったえました。
わたしは、ここに霊薬れいやくっています。このくすりは、千まんかいくだいて、そのなかからさがした霊薬れいやくで、どんなものにもがた貴重きちょうしなです。なんでもみなみくにおうさまが、このくすりくにけておさがしになっているということをいて、いまってゆく途中とちゅうにあるのです。」と、おとここたえました。
 二人ふたりは、これをいて、ますますびっくりしました。
「おねがいでございます。ごらんのとおり、わたしたちはなにもそのおくすりえるほどのものをっていません。いのちをさしあげます。どうぞ、そのおくすりすこけてください。」と、二人ふたりおとこかってたのみました。
「一つしかないくすりけることはできない。が、そんなら、わたしのくれいというものをくださるなら、このくすりをあなたのほうにさしあげましょう。」と、おとこはいいました。
「なんでも、わたしたちのっているものなら、みんなあなたにさしあげます。」と、二人ふたりちかいました。
 おとこは、ちいさなはこなかから、銀色ぎんいろひか小豆粒あずきつぶほどのいししました。
「さあ、これです、このいしをさらのうえで、いつまでもかかっていて、そのみずにつけるのです。」と、おしえてくれました。
 あねいもうとは、そのちいさなひかいしを、さらのしろめんかしました。そして、それを父親ちちおやにつけました。すると不思議ふしぎに、いままで、つぶっていたひらいて、るまに、めきめきとなおりはじめたのです。
 二人ふたりは、あまりの霊薬れいやくのききめにおどろいてをみはりました。そのとき、おとこは、
「さあ、わたしのぞみをもうしあげます。わたしに、どうぞ、このうつくしいいもうとさんをください。」といいました。
 あねいもうとは、こころなか当惑とうわくいたしました。けれど、まえ約束やくそくをどうすることもできませんでした。
「そんなら、ねえさん、わたしはゆきます。」と、いもうといていいました。あねも、また父親ちちおやいてわかれをかなしみました。しかし、いまさらどうすることもできませんでした。ついに、いもうとは、おとこれられて、このうちていったのであります。
 いもうとがいってしまってから、あねはさびしくおくりました。いまごろいもうとは、どこにどうしてらしているだろうとおもいました。いもうとからは、なんのたよりもありませんでした。あね一人ひとり小川おがわにそうてあるいてはたたずみ、たたずんではまたあるいて、いもうとのことをおもっていました。いつか、二人ふたりは、いっしょにこのみちあるいたこともあったのだとおもいました。あしもとにいているくさはなるにつけ、そらただよう、くもかげるにつけ、いもうとうえあんじていました。
 それからというものあねは、毎日まいにちかわほとりにきてはたたずんで、じっとみずおもてうつ自分じぶん姿すがたてはものをおもい、また、かなたのそらくもかげてはなみだれていましたが、不思議ふしぎや、あるのこと、あねれてもかえらずにひとところにちつくしていますと、一うちあね姿すがたえて、そこに一ぽんやなぎとなっていたのであります。
 あねは、とうとう、やなぎになってしまいました。
 いもうとは、うちてから、そのおとこひとれられて、らぬ他国たこくたびしてあるきました。そのあいだに、おとこはまた苦心くしんして、良薬りょうやくさがしました。そして、やがて、うみわたって、みなみくにおうさまにけんじようといたしました。
 おとこいもうとは、ふねってうみわたりました。幾日いくにちも、幾日いくにちも、航海こうかいしました。うみなかますと、どこをましても、やまえなければ、また島影しまかげえませんでした。ただ、けると太陽たいようひがしほうからがりました。また、日暮ひぐがたになると、かなたの地平線ちへいせんほのおのようにえて、太陽たいよううみしずみました。二人ふたりっているふねは、その夕焼ゆうやけのほうしてすすみました。そして、おおくの日数ひかずてから、ついにふねは、みなみこころざしたくにみなときました。おとこは、さっそく霊薬れいやくおうさまにけんじたのであります。そのおれいとして、おとこひろ土地とちをもらって、なに不足ふそくないらしをすることができました。
 そのくには、いつもいろいろなはないていました。そして、いつもなつのように草木くさきがしげってうつくしいちょうがんでいました。
 いもうとは、うちをたってから、幾年いくねんかになります。そのあいだちちのことをおもったり、あねのことをおもったりしました。しまいには、あまりにおもいつづけましたので、ついに病気びょうきとなって、毎日まいにちものもいわずにしずんでいました。おとこは、これをてかわいそうにおもいました。
「こんなに、なに不足ふそくなくても、おまえは、故郷こきょうかえりたいのか。」と、おとこはいいました。
 いもうとは、にいっぱいなみだをためて、だまってうなずきました。
「そんならかえってもいい、けれど、いくとなくとおい。ふねっても幾年いくねんかかるかしれない。そのあいだには、あめり、かぜくだろう。おまえはおんなで、どうしてかえることができようか。」と、おとこはいいました。
 いもうとは、これをくと、かなしくなっていていました。
 いもうとは、海岸かいがんいわうえで、おきほうて、故郷こきょうあこがれていていました。そのとき、ちょうどおうさまのおとおりがありました。
 おうさまは、おんないているのをて、家来けらいつかわして、そのいている理由いわれをたずねられました。いもうとは、一始終しじゅうのことを物語ものがたりました。おうさまは、これをおきになると、たいへんにいもうとをあわれにおもわれました。そして、家来けらいなかから魔法使まほうつかいのじいさんをおびになりました。そして、どうかして、このおんなを、故郷こきょうかえしてやる工夫くふうはないものか、とおっしゃられました。
 まゆながい、つえをついている、白髪しらが魔法使まほうつかいは、うやうやしく、あたまげていいますには、
「このままの姿すがたでは、とてもいくとなくとおくにかえることはできません。なにか姿すがたえなければなりません。」ともうしあげました。
「なんなりとも、なんじちからでできることなら、姿すがたえてゆけるようにしてやれ。」と、おうさまはいわれました。
 魔法使まほうつかいは、ついているつえのさきおんなかたをつつきました。するとたちまち、うつくしいいもうと姿すがたえて、一のつばめとなってしまいました。
 つばめは、おうさまのあたまうえそらを、二、三べんまわりました。そして、どことなくかげしてしまいました。
 つばめは、ひるとなく、よるとなくうみうえわたりました。つかれたときは、ふねのほばしらのいただきまってやすみました。そして、幾日いくにちかののち、もとのかえってきました。父親ちちおやは、まだ達者たっしゃでいられました。けれど、とりになってしまったいもうとは、もはやものをいうことができません。つぎにねえさんをさがしました。けれどあたりません。いもうとは、かわほとりんでゆきました。すると、なつかしいねえさんの姿すがたによくやなぎが一ぽんっていました。これは、きっとねえさんにちがいないとおもいましたから、そのえだまりました。
 つばめは、やなぎえだまって、しきりに快活かいかつになきました。けれど、やなぎえだは、かぜかれて、おりおりおとなくれるばかりで、なんのこたえもいたしませんでした。
 つばめは、あきすえまで、毎日まいにちそのやなぎのあたりをんで、ないていました。けれど、さむくなったときに、どこへかんでいってしまいました。それからというもの、毎年まいねんはるになると、どこからか、つばめがんできて、やなぎまってないていました。



底本:「定本小川未明童話全集 2」講談社
   1982年9月10日第7刷発行
入力:ぷろぼの青空工作員チーム入力班
校正:江村秀之
2013年10月24日作成


このページは青空文庫のデータベースをもとに作成されました。