“千軍万馬”のいろいろな読み方と例文
旧字:千軍萬馬
読み方割合
せんぐんばんば66.7%
せんぐんまんば33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千軍万馬せんぐんばんばの将軍も、これにはきもつぶし、博士の一本脚——ではない実は超長靴を、絨毯じゅうたんの上に放り出した。
背広を着ているが、千軍万馬せんぐんばんばの軍人らしい風格、これが有名な「第二号の人」だった。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
竹村子爵たけむらししやくとの尊稱そんしよう千軍万馬せんぐんまんばのうちにふくみし、つぼみのはなひらけるにや
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)