“マンション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
60.0%
邸宅20.0%
館邸20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の住居すまいはハルムステッドのラックノーマンションです
日本へ帰って、息子に家産を譲ってからも、あいかわらず寛濶に遊びつづけていたが、息子夫婦が文子を残して死ぬと、マンションともいえるような宏壮な洋館をしめ、伊那の奥から引いてきたまさ葺の山家やまがにひきこもり
西林図 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「実は私もその角を曲ったところのヒマイラヤマンションにいるのです、それであなたも一緒にお出で下さるでしょうなア。私は部屋へいってその奇妙な書状を取出して来ましょう。その間にあなたはその探偵を連れて来て下さい」
私の慾しいものは、宝石よりもマンションよりも、唯一ふき、そよそよと新鮮に、瑞々しく、曠野の果から吹いて来る朝の軽風である。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
邸宅マンションと呼ばれなければ承知しない彼らの家。
字で書いた漫画 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
古代の呪いがかかっているような、くすみにくすんだ大玄関の式台と、けやき大引扉おおひきどは、眼もさめるような青林檎色のペンキを塗られ、ディッケンスの古いアメリカの絵にある、清教徒の郷土の館邸マンションのようなロマンチックな見かけになっていた。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)